TOP  >  シニアためのセックスの基本  >  スローセックスのすすめ

スローセックスのすすめ

若い頃からセックスをしている記憶をたどると、激しく求め合うのが正しいと考えがちですが、どうしても年齢とともにあまり激しいプレイはできなくなってきますよね。そこで覚えておきたい言葉がスローセックスというキーワードです。シニア世代にとっては覚えておきたい言葉です。

これまでのセックスはただの生殖行為だった!?

若い頃に激しく愛し合った思い出があると、どうしてもその再現を求めてしまうのが人間の脳ですが、スローセックスの提唱者から言わせるとそんな野獣のようなセックスは本能に突き動かされた、ただの生殖行為としか考えられず、人間らしい愛の交感とはいえないのだそうです。

本来、人間のセックスは肉体的な満足感だけではなく、愛を深めるための行為です。スローセックスとはその原点に戻り、お互いが気持ちよくなって幸福感に包まれて精神的な幸福感に包まれることを目的としています。

スローセックスの良い点とは

スローセックスの最大の特徴は、"イク"ことにこだわらないということです。そのことにこだわると、愛し愛される行為がおろそかになってしまいがちです。大事なのは、お互いに感じ合うことなのです。

性的な興奮が満たされることが「感じる」ことであり、スローセックスでは時間をかけてそれを楽しむことが目的です。女性からすれば、イッたフリの演技をしなくても良くなりますので、体にも精神的な負担も軽くなるはずです。

スローセックスは、まず女性をリラックスさせるところからはじまります。それから徐々に女性の体を愛撫し、性的興奮を高めていくことでお互いが感じ合えるようになるのです。そこで、興奮しているわりに自分のペニスが勃起しないことが気になるあなたは、EDぎみかもしれません。もちろん、スローセックスでは挿入が必須ではありませんが、精神的にも安心したいのであれば、ED治療専門のクリニックに出掛けてバイアグラを処方してもらうのも良いでしょう。バイアグラを飲んでいる、という安心感も女性に優しく愛撫できる理由になるかもしれませんね。

女性は愛されているという気持ちで感じる生き物です。そうすることで女性の気持ちが解放され、感度がよくなるんです。とにかく女性には超がつくほどのやさしいタッチを心がけましょう。女性は全身が性感帯なのです。スローセックスはただ単に長い時間をかけたセックスではなく、お互いを思いやる気持ちが交わり、感じあうセックスのことなのです。これこそがシニア世代の愛し方ではないでしょうか。