TOP  >  シニアのためのセックス講座  >  オーガズム・プラットフォームとは?

オーガズム・プラットフォームとは?

男性のオーガズムはシンプルです。性的刺激に対して勃起し、興奮が高まるにつれて亀頭が膨らみペニスも固さも増して、射精によって一気にしずまります。いちど射精すれば、しばらくは高まることはできません。それに対して、女性のオーガズムはバリエーションが豊富です。

女性の高まり方

女性のオーガズムは個人差が大きいので、ある女性とのセックスでの反応と別の女性の反応が異なっていても、「おかしい」と気にする必要はありません。オーガズムへの達し方もそうですが、実は、達したことがない人も大勢います。クリトリスではイクことができるのに、膣ではイクことができないという人もいます。

一度のオーガズムが尾を引いて、いつまでも上り詰めた状態でいることができる人もいれば、何度も繰り返しイクことができる人もいます。一度達したら、一気に冷めるという人もいます。セックスの相手によって変わることもあれば、同じ相手とでも、日によって異なることもあります。

また、年齢とともに感じ方も変わってきます。若い頃にはイクことができなかった人が、中高年期にオーガズムを得られるようになったり、激しく感じるようになったり。若い頃と性感帯の場所が変わったり、性感帯が増えたり。一般的には、40才前後から女性は感じやすくなるようです。出産を経験して、子宮口付近がやわらかくなることと関係している可能性も指摘されています。シニア世代のセックスは、若い頃とは違った悦びを交換できるはずです。

オーガズム・プラットフォームとは

最も敏感なのはクリトリスです。性感帯に触れられるとその信号は視床下部から前頭葉に伝わります。そこで刺激は性欲にかえられ、どんどん快感がエスカレートしていきます。前頭葉は「モノを考える場所」ですので、たとえクリトリスに刺激を与えても、脳がはじけば性欲にはなりません。セックスの最中に、他のことを考えていたり、好きでもない男性に愛撫されたりすると、前頭葉が「NO」と判断してしまい、興奮はたかまりません。

性的刺激が続くと、女性の膣は外側の3分の1が縮んでペニスをしっかり抱きとめます。男性にとっては締め付けられたように感じられます。ペニスとの接触を強くし男性を高めて早く射精させ、受け止めた精子を外に漏らさない働きをします。これが「オーガズム・プラットフォーム」と呼ばれる動きで、女性が「準備万端」であることのサインとなります。

女性の感じ方や性感帯には個人差がありますが、年齢とともに感じやすくなることが多いです。シニアのセックスは若い頃よりも盛り上がるはず。オーガズム・プラットフォームは、興奮のサイン。いつでも挿入OKです。