TOP  >  老いらくの恋のすすめ  >  スキンシップ・手をつなぐ

スキンシップ・手をつなぐ

シニア世代も遠慮しないで恋愛をしましょう。なにも難しく考える必要はないのです。好きだと思う相手とカップルになって同じ時間を過ごすのです。それで何をすれば良いのかわからないというかも知れませんが、スキンシップ・手をつなぐ。それで良いじゃありませんか。

手をつなぐという行為は恋愛の肝

幼稚園児なら恋だの愛だの関係なく、男女仲良くお手手つないでというシーンも見られますね。それが歳をとるにつれて異性と手をつなぐという行為は、段々とハードルの高いものとなります。その理由は、恋愛という関係性を意識するからに他ならないでしょう。

つまり、手をつなぐという行為は恋愛の肝なのです。いってしまえば、手をつなぐという行為は取るに足らない行動に過ぎないものだったのに、歳を重ねるに連れ、それこそが恋愛で一番肝心なセレモニーになるというわけです。

最後に異性と手をつないだのはいつですか

彼女が出来ても「気恥ずかしくてなかなか手をつなぐことができない」という男性は結構いるものです。反対に彼氏ができると手をつなぎたいという女性は非常に多いでしょう。あなたも彼女から手をつなごうと催促されることがある筈です。

ストレートにいえば、男性は手をつなぐよりもからだを合わせることを好む人が多いでしょう。しかし、女性は手をつなぐだけでも幸せいっぱいになるそうです。例外はもちろんあるでしょうけど。

最後に手をつないだのがいつだったか思い出せないほど昔だというなら、パートナーは淋しい思いをしていたかも知れませんよ。手をつなぐのは物理的には簡単なことです。

スキンシップも手をつなぐことから

手をつなぐのも良いけど、あっちもこっちも触りたいという性欲旺盛な男性に注意してもらいたいのが、スキンシップも段階があるということです。深い仲になれるかどうかの第一歩が手をつなぐことなのです。

いつでも手をつなぎたがる女性ですが、相手が好きでもない男性であれば話は別です。手をつなぐどころか指先が触れることさえ嫌がるでしょう。この辺は男性とは異なります。まずは手をつなげるように頑張る。そして、自然と手をつなげるようになり、それが当たり前になったらさらなるスキンシップの道に進む。それくらい重視しても良いものです。

愛を語らうときは手をつなぐ

女性にとって意味の大きい手をつなぐという行為は、愛情の確認手段としてセックスに匹敵するくらい使えるものです。パートナーが出来たら、いつでも可能な限り手をつなぐことを意識してみると良いでしょう。

手をつなぐことは、カップル成立のサインであるとともに、キスの代わりに人前でできる愛情表現でもあると思ってください。シニア世代のカップルが手をつないでいる光景は、思った以上に微笑ましいものです。気後れする必要はありませんね。