TOP  >  シニアの恋愛効果とは?  >  恋愛しているシニアは長生き

恋愛しているシニアは長生き

恋愛しているシニアは、していないシニアよりも長生きの傾向があるといいます。恋愛をすることは生活を活性化し、生きる目的を作りますからね。長生きをしたいのならば、積極的に恋愛をしてメリハリのある楽しい生活を送りましょう。

◆恋愛をすると頭が冴える

恋愛をすると、とにかく頭が冴えます。これは、シニア世代にとっては注目すべき効果と言えるでしょう。何しろ、普段から物忘れも心配な年代ですからね。また、恋愛をすると、脳内でドーパミンが分泌されて幸せな気分も味わうことができますよ。

長生きをしている人は、頭が冴えている人が多いです。それに、長く生きることができてもボケた状態より、頭が冴えた状態でいたいですよね。自分の尊厳をもって長生きするためには、ボケないことも大切です。恋愛は、ボケを防止して長生きするためにも必要だと言えるでしょう。

シニア世代になって恋愛感情を持つことを、どうか恥じないでください。人を好きになることに、年齢はまったく関係ありません。素直に、好きになる気持ちは何よりも生きるパワとなるのですからね。ボケを心配する必要のない、活き活きとした人生を送りましょう。

◆恋愛をすると生活リズムが整う

さて、恋愛をすると生活リズムが整うことにも注目してください。長生きのためには、規則正しい生活リズムを守ることが大切です。きちんと食事を摂って、きちんと運動をして、ぐっすり眠る。この基本的なことが、恋愛中はごく自然に行なえるようになる点が良いのです。

恋愛をしていない状態では、いくらだらしない生活をしても異性として指摘してくれる相手がいません。なので、だらしない生活を送りっぱなしの状態になってしまいます。だらしない生活を送ることは、長生きのためにあまりおすすめできないことはわかるでしょう。

恋愛中は、その点、生活リズムが整って健康的な毎日になります。健康的な毎日を送ることは、精神の健康にもつながることを覚えておいてください。つまり、心身ともにハツラツとするわけで、長生きするのも当然と言えるでしょうね。

◆相手を信じる気持ちが活きる源

恋愛は、好きな異性を信じることの喜びもあります。信じた相手のために、つねにきちんとしていようとか、健康で居ようと思うようになるでしょう。また、相手を信じるということは、人として幸せなことでもあるのです。

ほかの人を好きになれないとか、自分のことを嫌いとか言う人よりも、信じる相手がいたり、自分のことを好きだと言える人の方が幸福であることは言うまでもありません。幸福感を覚える人が自ずと長生きになるのもわかります。

恋愛は、長寿を全うするために必要なことです。今好きな人がいるのならば、どうぞその気持ちを大切に生きてください。今、好きな人いないのならば焦らずに、心から好きだと言える人を探しましょう。シニア世代になっても、恋愛をあきらめることはありません。楽しく、豊かな人生を長く生きるためにも、積極的に恋愛をしていきましょう。

◆まとめ

恋愛をしているシニアが、総じて長生きしやすいのは脳が冴える点・生活リズムが整う点・異性を信じたり認められたりという喜びを感じる点、などたくさんあります。豊かで楽しい人生を長く送りたいのならば、積極的に恋愛をしていきましょう。長生きの秘訣は、恋愛にあることは間違いないのですからね。