TOP  >  シニアのためのセックス講座  >  パートナーの感じる部分を探る

パートナーの感じる部分を探る

シニアのセックスでは大人の余裕を見せたいものです。ガツガツと自分だけ射精して気持ち良くなるなどということは若輩者に任せておきましょう。彼女もいっしょに気持ち良くなるのが一番良いのです。

女性を感じさせるということ

さて、彼女を気持ち良くさせるにはどうすれば良いのでしょうか。相手を思いやる、心のこもったセックスで愛情をたっぷりと注ぎ込めば大丈夫でしょうか。もちろん、それはシニアのセックスに欠かせないことですし、大枠としてはパートナーも満足してくれると考えられます。しかし、それだけだと必ずしも女性のからだが感じているとは限らないのです。

これまでのセックス経験の中でこんな光景はなかったでしょうか。
・挿入の最中に彼女を見ると髪を触って枝毛を探していた
・彼女の身体を愛撫している最中に今夜の食事の話を持ち出された

明らかに彼女は感じていませんね。
にもかかわらず、終わってからも特に不満の声を聞かされることもなく、それどころか非常に満足したという表情で接してきたという経験もあるのではないでしょうか。これは、彼女が気を利かせてくれたのでしょうか。疑問は尽きませんね。

女性のセックスは複雑怪奇

男性の場合はセックスのひとつの到達点として射精があります。というよりも、射精によって絶頂が判断されるといえます。しかし、女性の場合はこれをすれば到達点というものがありません。個人個人ではあったとしても、他の女性に当てはまるものでもないですね。

さらにいえば、前述のようなセックスの最中に退屈しているかのような言動があったとしても、必ずしもそのセックスを楽しんでいないとは限らないといいます。まったく複雑怪奇です。

ひとつヒントになるのが、女性にとってのセックスが男性のような射精を頂点とするものではない点です。これをもとに考えると、実は女性にとってパートナーである男性との行為に及ぶことそのものがセックスの大きな意義だと思えてきます。その結果として肉体的な刺激で感じたかどうかは大きな問題ではないと。

何人かの女性に聴いてみたところ、これに近い答えがありましたので大きく外れてはいないでしょう。

ゆっくりと時間をかけてツボを探す

そうであれば、やみくもに感じさせてやろうと思っても無意味ですね。基本を守った上で、パートナーの感じる部分を探す旅に出ましょう。彼女にも枝毛を探すのではなく、自分が感じる部分がどこにあるか、そんなことをされると反応するのかということに意識を集中してもらうのです。

シニアカップルならその時間はたっぷりとある筈ですから、ポイント探しを2人のひそかな楽しみとしてください。それ自体が燃え上がれるプレイとなるかも知れません。