TOP  >  シニアのためのセックス講座  >  エロスの興奮は男も女も同じ

エロスの興奮は男も女も同じ

男性は性的な妄想力が高く、見たり聞いたり想像したりするだけで性的に興奮できますが、女性はあまり興奮できないと言われてきました。しかし、実験により大差がないことが分かっています。米国のドクターが男女10人ずつにポルノ映画をみせて、最大興奮に至るまでの時間を測り、男女差がないことを発見しました。

女性の性感帯と性的たかまり

人間の性欲は前頭葉が支配していることを考えれば、男性も女性も同じように性的刺激に対して反応することは自然なことです。女性は興奮すると、性器に血液が集まり赤く変色します。小陰唇やクリトリスは2倍に膨れあがり、色も濃くなります。先に挙げたポルノ映画の実験では、こうした性器の変化までの時間を測り、興奮するまでの時間に男女差がないことをつきとめました。一般に女性がポルノで興奮しにくいとされているのは、羞恥心によるものなのかもしれません。

女性の性感帯というと性器を思い浮かべますが、口の周りや、顔と頭皮、乳首やへその周辺、足、背中、お尻のまわりなど、全身に分布しています。乳房については誤解もあります。男性は大きな胸に惹かれる傾向にあり、胸の大きな人ほど感じやすいという思い込みもあります。女性は女性で、胸を強調して男性を惹きつける努力をしたりもします。

しかし、乳房の90%は脂肪でできていて神経は少ないので、乳房自体は敏感な性感帯とは言えません。乳首には神経が集中していますので性感帯ですが、乳房そのもので感じることは少ないようです。撫でられたり揉まれたりでは女性はそれほど感じません。米国での調査では、女性の3人に1人は、胸に触れられても感じない、と答えたそうです。男性自身が胸を揉むことに興奮を覚えるだけで、女性はそうでもないというのが実態です。

皮膚は性感帯

全身の皮膚は性感帯になりえます。皮膚には数百万の神経があり刺激にはとても敏感で、皮膚どうしの柔らかい接触に対して、特に強い反応が起こります。接触による性感のおこりかたには男女差が大きく、女性は高まりやすいのに対し、男性はあまり感じることはありません。女性は触覚による性的刺激に敏感のようです。

性的刺激は五感の全てで感じることができます。視覚、聴覚、触覚、味覚は視床を経由して感知されますが、臭覚だけはダイレクトに大脳辺縁系に伝わります。五感の中では臭覚だけが少し異質な面を持っていますが、匂いに敏感とされる女性は、臭覚でも男性を選別している可能性があります。

性欲の高まり方には男女差はありません。同じようにエロスに反応しますが、女性は男性に比べて触覚や臭覚に敏感なので、性行為においてはその点を念頭に置くと良いでしょう。